「フランスの思い出」 エントリーNo.13 epoisses  さん

エントリー No.13 は epoisses さん です!

1、 HN epoisses
1q2

1q3

1q1

2、フランスでの滞在場所
Paris, Dijon

3、滞在期間
2008. 6.27(金) – 29(日)

4、思い出をどうぞ・・・!
Dijonで友達の結婚式に参加するだけのために弾丸渡仏してきました!
我ながら、内容の濃い旅でした。

1日目
前日、成田21h55の便に乗って翌朝04h00くらいにCDG空港に到着。
ロワシーバスの始発に乗ってパリ市内に到着。
その後、観光バスで市内を手っ取り早く観光し、
モンパルナス付近のレストランでクレープを食べる。
(どうしてもクレープ食べたかったもんで…)

Gare de Lyonに移動してTGVでDijonへ。
友達である花嫁と合流し、ドレスのピックアップ等に同行する。
その後、前夜祭っぽいのに出席。 Dijon泊。

2~3日目
まずmairie(市役所) で宣誓式、続いてNotre Dameの教会で結婚式。

その後市内のホテルに移動してvin d’honneurというカクテルパーティー
(日本でいう結婚式の2次会みたいなもの?)で飲んで食べ、日が暮れるまでダラダラ過ごす。

その後、郊外のお城みたいなところに移動し、本格的なパーティーがスタート。
美味なフランス料理をデザート&チーズまで堪能したあと、
会場がダンスパーティー化し、老若男女関係なく全員踊り出す。
日本人でtimide(恥ずかしがり)な私もつられて踊る羽目になる。誰も帰る気なし。
(というか、このお城以外めぼしい建物は一切なく、単独行動は不可能。
早朝のTGVに乗るつもりでいた私は内心焦ってました。)

明け方4時頃に解放され、誰かの車に乗っけてもらってDijon市内まで戻る。
荷物をまとめて予定通りのTGVに乗り、Gare de Lyonまで。
そこから目の前のエールフランス・バスに乗り、空港へ。
お昼頃の便で日本へ…。

たったの3日間でしたが、内容の濃い、
フランス文化超満喫の夢のようなひとときでした♪

5、普段レッスンを受けている講師
Laurent先生、Eva先生

6、旅行に向けてレッスンで準備したこと
この頃はensembleには入会してませんでしたが、結婚式でいろんな人と話すだろうと思ったので会話の練習をしていたのと、フランスの結婚式について予習してから行きました。

7、何かアピールをどうぞ!
日本からパリまでは深夜便が出ているので(パリに早朝に着けます)、
便を選べばフランスへの弾丸旅行は十分可能です!
忙しくて諦めている方は是非♪

私の場合はフライトも結構好きなので、苦になりません。
音楽を聴いたり映画を見たり、機内食を食べたりして満喫してました!

ただ、帰りのフライトでさすがに疲れてずーーーっと爆睡していたため
、最後の朝食を食べ逃してしまいました…。
(Air Franceの場合、日本では滅多に食べられないfromage blancがついてくるのです…!)
最後まで食い意地張ってますね…すみません(^^;)

RELATED POST関連記事

最新記事

  1. フランス語 講師
もっと見る

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る