【学習歴1年半以上部門】エントリーNo.4  Thé au lait  さん

b4

1、エントリーカテゴリー
②学習歴1年半以上

2、フランス語を始めたきっかけ
以前勤めていた職場ではフランス語を使う機会があり、上司に勉強するよう言われてしぶしぶ始めたのがきっかけです(笑)。英語は仕事でも使っていたし、大学での第二外国語はドイツ語だったので、それまでフランス語にはまったく縁がなかったのですが、いい年になってからアー、ベー、セーからはじめることになりました。

3、フランス語学習の最終目的
最初はとりあえず仕事がこなせる程度を目標にしていたのですが、厭々やっているうちに(笑)どうにかこなせるようになり、次第にフランスの文化や社会にも興味が出てきて、現在の目標は映画を字幕なしで楽しみ、いつかフランスを旅行した時に、いろいろな会話を自然に楽しめるようになることです。

4、アンサンブルでの担当講師
Toshi先生

5、一週間の平均学習時間
アンサンブルでは週1回お世話になっています。
あとは細々と週に10時間くらいでしょうか。

6、効果的な学習方法 私がお勧めする学習方法 アンサンブルでのレッスン内容
語学の勉強はマラソンのように長い道のりですので、まずは何でもいいのでクリア出来そうな目標を持つことが効果的な気がします。文法はつまらないものですが、中級より上を目標にするのならやはりしっかりやった方がいいでしょう。

私の場合は、まずは仏検を目標にして、ちまちまと準1級まで合格したところで1級があまりに遠いのでDELF/DALFに切り替え、C1までどうにか合格しました。でも今また文法でしっかり分かってなかったことが幾つか浮かび上がってきたので、再び文法を復習しています。ただ、参考書だけではどうしても分からないことが出てきますし、一人でやっていると面白くなくなって嫌になったりしますから、アンサンブルで先生に聞きながら教えて頂くと、motivationのアップになるのでとても助かっています。

それとcompréhension orale(聴解)の力をつけるために、フランスのラジオ放送をmp3に落として通勤途中で聞くようにしています。RFIの Français facileやNHK Worldなどは聞き取りやすいのですが、24Hのような難しいものになるといつの間にかBGMになってしまうので、自分のレベルにあったものを繰り返し聞く方がいいようです。

初級、中級のころはラジオフランス語をよく聞いていました。あれはテキストもありますし、良く出来ていますからお勧めです。

たまにはエッセイでもブログでもメールでもなんでもいいので、少し長めの文章を書いてみて、アンサンブルの先生に見て頂くと勉強になりますよ。書く練習は、問題集が中心となると思いますが、毎日2-3行のフランス語で日記をつけてみるのもいいかもしれません。

中級以上の方は、なんでもいいのでdictéをするのが効果的です。数をこなすより、何度も何度も聞いて完全に聞き取れるまでしつこく粘る方が良いようです。少しずつでもいいので毎日やることが大切ですが、そういう私もなかなか出来ていないので、書きながら反省しています(汗)

自分で聞き取ったものの答えがない場合は、元データがともどもアンサンブルの先生にみてもらっています。これはしんどいけれど、かなり勉強になりますし、自分の文法や綴りの弱いところが良く分かります。

会話力はもうこれは話すしかないので(笑)、とにかく片言でもなんでもアンサンプルの先生と会話しましょう。レッスンの前に会話のネタを考えて、言いたいことも少し考えてみて、それをとっかかりに話すようにすると、何も考えずにレッスンを始めるよりも会話が続いてより楽しめます。何気ない会話から日本とフランスの文化や考え方の違いなどが垣間見られて、それも面白いです。

それから発音を直したい場合は、アンサンブルの先生とのレッスンがうってつけです。一人では直せませんし、グループレッスンでは先生も一人一人の生徒の発音まで直している時間はありませんが、アンサンブルだと手取り足取り直していただけますから。私も先生にお願いして、気がついたら都度してきしてもらうようにしています。おかげで少しずつ上達してきた気がします。

あとは勉強ばかりしていると煮詰まってしまうので、自分のレベルにあったフランス語の本を読んだり、字幕付でもいいからフランスの映画を観たりするのがいいですね。私の場合どうしても勉強するのが嫌になった時には、フランスの旅番組を見るとまたやる気が出てきたりします。

それから私は一人で勉強しているとすぐ挫折してしまうので、勉強仲間を作ったり、一人のアンサンブルの先生についてずっとみてもらったり、とにかく一緒に勉強し、励まし合える人がいることが、長く続ける秘訣でした。

7、逆に役に立たなかった、自分にはあわないと思った学習方法
うーん、日本語が話せないフランス人の友人に、習い始めの時に漠然とフランス語を教えてもらおうとしたことでしょうか。やはりフランス語の先生でないので向こうもどう教えたらいいか分からず、こっちもいろいろなことを聞けるほど語学力がなかったので、結局長続きしませんでした。

8、個人ブログやホームページのご紹介などありましたらお願いします
なし

9、何かアピールがあればどうぞ
フランス語を勉強すると自然にフランスの文化や社会などにも興味が広がってゆきますから、先生との会話やレッスンを通してプチ・文化交流をして、フランス語の勉強をもっともっと楽しいものにしてゆきましょう!

 

RELATED POST関連記事

最新記事

  1. 表現 吹き出し
  2. 東京オリンピック 延期
  3. 新聞
  4. テレビ
  5. 印象派風
もっと見る

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る