エントリーNo.8 サンジャック

ハンドルネーム

サンジャック

【フランス語学習歴】5年
【フランス語レベル】中級

フランス語をはじめたきっかけ

調理学校のフランス留学のため

フランス語学習の最終目標

フランスで一流シェフになる

アンサンブルで受講している講師(複数可)

Mathias先生、Emmanuelle先生、Francois先生、Akiyo先生

アンサンブルレッスンの主な受講時間帯

フランスの早朝か昼過ぎ

アンサンブルでのレッスン内容と、お勧めする効果的な学習方法

僕は元々日本の調理師学校に通っているころから、フランスへ留学するつもりだったので、語学学校に通っていました。しかしグループのクラスだったのであまり進まず、なんとなく分かった状態で留学をしました。

現地でも日本人がたくさんいるし、授業にも通訳がいたりとあまり自分でフランス語を使わなくても何とかなっていました。しかし留学最後にあるスタージュ(研修?)でレストランに派遣されたときに、フランス人の同僚にフランス語力を馬鹿にされました。

そこですごく悔しくて、何とかしようにも研修中で語学学校に通う時間もなく、アンサンブルで自分の時間を見つけて受講ができる利点から3年前からお世話になっています。

当時自信を無くしていたし、いい加減なフランス語でしか会話をしていなかった自分にアンサンブルの講師が「文法力を見直そう」とオリジナルテキストを進めてくれました。文法は一応やったつもりだったけど、意外とわかっていなかったり、分かっているはずの文法を使って文を作ることが出来ない自分に焦りました。

そこで毎日自分で日記を書いて提出するようにしました。さらにその後は研修中に使うためのフレーズ集も自分で作りました。バカにしたフランス人の鼻を明かしてやりたいこともあり、猛勉強しました。その都度アンサンブルの先生は親身になって僕が自分でしっかり作れるようにただ採点するだけじゃなくてどうして違うのか、どうやったら正しくなるのかまできちんと向かい合って教えてくれました。

半年の研修を終った時に、シェフにも自分の意見を言う事ができたこともあり、別の修行先の推薦状まで書いてもらいました。ただ料理の修行だけするのではなく、色々話せるようになった自分を認められたような気がしました。今はレストランでビザを出してもらって仕事をしています。

最近はフランス人の同僚とも軽く飲みに行ったりして軽口を叩けるようになりました。当時は恨んだけど、あのバカにした同僚がいたからこそ僕のフランス語力が伸びたと今では彼に感謝しています(いつか再会したらその彼に語力を披露したいというのが小さな目標 笑)大分自分の伝えたいことを話せるようになったけれど、まだまだニュースの理解や最近の政治などかっこいいことも話せるようになりたいのでレッスンで記事を扱ったレッスンをお願いしています。

役に立たなかった、自分には合わないと思った学習方法

単語だけをノートに書いて覚える。結局文章で使えなかったので、覚えるなら文章にして覚えたほうがいいかもしれないです。

アンサンブルメイトへのメッセージをどうぞ!

僕は基本的には怠け者だし、長いものに巻かれる性格でしたが、異国で色々な人にもまれているうちに「言ったもの勝ち」という気分になってきました。それにはやっぱり語学力!話せてなんぼ、伝えてなんぼ、フランス語を話せるようになって自分にも自信ができるようになりました。

みなさんも悔しいと思う事があったら、凹む前にレッスン受けて分からないことをさらけだして一歩踏み出してみてください。

RELATED POST関連記事

最新記事

  1. 表現 吹き出し
  2. 東京オリンピック 延期
  3. 新聞
  4. テレビ
  5. 印象派風
もっと見る

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る