エントリーNo.17 imaginationさん Pérouges ペルージュ

Bonjour !第4回アンサンブル選手権~大好きな、私の街~
フランス語圏の中でみなさんの大好きな街を写真と文字で綴っていただきます!

1.HN imagination さんによるご投稿です。
街は【Pérouges ペルージュ】です



2.お勧めの理由(エピソードなど)
事前に調べたら、日帰りでも充分な感じでしたが、リヨンのホテルからタクシーで行き1泊しました。リヨンから、列車、バスの交通手段はあるようでしたが、列車の駅も無人駅とかで、そこからセンターまで歩いて20分から30分で、道もでこぼこしているようでした。

タクシーは、トウモロコシ畑を通り、石畳のでこぼこした道に入り、村に到着しました。たしかホテルは3つくらいしかなかったと思います。私たちのタクシーが到着すると、すぐホテルの人がお出迎えしてくれ、係の人がホテルの部屋に案内してくれました。

普通のホテルのように受付もなく、古めかしい重厚な扉を開けると入口があり、螺旋階段を上り部屋まで行きました。部屋はとても広く、マリーアントワネットの部屋・・・といった感じで、浴室は大理石張りで広く、バスタブも足を伸ばしてもまだ余裕がありました。すべてがアンティークで素敵でした。部屋の窓からの風景はここに来て良かったと心洗われるようでした。

観光は1、2時間もあれば充分でした。すべてが絵ハガキのようで、中世の街といった感じで、ちょうど薔薇の季節、蔓薔薇が街に彩りを添えていました。でこぼこ道は予想通り、ヒールではとても歩けるような道ではありません。スーツケースなんか、ころがせるような所ではありません。

所々にお土産屋さん、ガレット屋さんがあり、ガレットはとても美味しかったです。観光客もたくさん来ていました。その日の夜にホテルのレストランで食べたフランス料理のコースはよかったです。特にサーモンのマリネハーブ、アイスクリームは食べきれない程の量で、その後、チーズが甕のような入れ物で出て来てびっくりしました。

DessertsのNougat glaceはフランボワ-ズのソースがかかっていて私好みでした。ガレットもおかわりOKでした。満腹、大満足でした。とてもゆっくりできました。

朝食は部屋でもテラスでもどちらで食べてもよく、私たちはテラスを選び朝の陽ざしを浴びながら朝食をとりました。隣にフランス人夫婦がいて「ボン・ソレイユ」とフランス語が聞こえてきました。

3.個人ブログやHP,Facebookの紹介(任意)

4.アンサンブルへ一言、お願い致します!
今回フランスに行くのにとても勉強になりました。フランス語はもちろん実践できましたし、先生には、親身になって相談にのってくださり感謝しています。お陰さまで楽しい旅でした。今後ともよろしくお願いします。

imagination様、ありがとうございます!歴史を感じられる中世の街、素晴らしいですね。石畳、アンティーク、素敵なホテル…美しく感動しました。きらきらした旅の思い出を、ありがとうございました。

 

RELATED POST関連記事

最新記事

  1. フランス語 講師
もっと見る

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る