カテゴリー②学習歴1年半以上 エントリーNo, 19 イケダヤさん さん

100-24

①エントリーカテゴリー
②学習歴1年半以上

②学習歴
約9年

③フランス語学習をはじめるきっかけ
縁あってフランス語圏で生活するようになり、必要に迫られて。

④フランス語学習最終目的
DALF C2合格。仏語を使う仕事に就く。
仏語話者と問題なく流暢にコミュニケーションができるようになる。

⑤アンサンブル担当講師(複数可)
M.Thibaut, Mme Michiko, M.Arnaud

⑥普段行っている1週間の平均学習時間
約10時間(うち週2回はアンサンブルのレッスン受講)

⑦効果的な学習方法 私がお勧めする学習方法 レッスン内容
仏語圏に家族で生活しています。仏語よりも現地語が強く、また私自身現地語が話せるためになかなか仏語が伸びませんでした。細々と独学で続けても、出産や育児といった自分に優しい理由で中断する度に覚えたことは抜け落ちていき、無力感にかられました。中身が伴っていない学習歴/生活歴だけが延びていき、学習歴を答えるのに赤面する始末です。

これはまずいと育児がひと段落した約1年ほど前から勉強を再始動しました。短期の学習目標は「DELF B2」に合格することとして、具体的には①現地の仏文化センター主催の仏語教室を受講(グループレッスン)することと、②アンサンブルに入会しました。

自分に甘い性格なので、教室に通うことで毎日の決まった時間は学校で机に向かう、学習を習慣化させることに努めました。それまでの主婦一辺倒の生活だけでは出会わなかった単語や表現も、授業に使うテキストの予習・復習だけで増えました(継続したかったのですが、数か月後には自分の該当するクラスに人数が集まらず、現在は開講していません)。

そして、アンサンブル。入会当初は4回/月からスタートでしたが、上記の教室もなくなったことで8回/月に回数を増やしてこちらは継続中です。試験対策に有効なテキストの紹介をしてもらい、それを解いてみたり、講師がその時々で提案してくださることに取り組んで進めています。

試験直前には自分から具体的なPOの練習PEの添削を複数の講師に依頼することもありますが、基本のレッスン内容は某講師にお任せしています。

最近は試験後にやややる気が低下してしまった旨を相談すると、「仏語の小説を1冊読む」という新しい学習のページを開いていただき、また調子を戻してきたように思います。詰め込み過ぎると息切れして、やる気がなくなってしまうので、細く長く、楽しみながら続けたいと思っています。

また、なるべく毎日継続しようと心がけているのは③「RFI-journal en français facile」のスクリプトを読みつつ音読しその後はPodcastで繰り返し聞くということと、週に1度ぐらいは辞書をひきつつ熟読することです。

仏語の映画を観るのは子どもに中断させられて難しいので、以前、アンサンブルで紹介していた「torotoro」の短い動画を子ども達と一緒に観ることもあります。

この地で生活している外国人マダム達のグループの集まりにも積極的に参加するようにし、「旅の恥はかき捨て」精神で仏語での会話メールのやり取りの機会を増やしています。これは別に相手が訂正してくれるわけではありませんが、緊張感を持って仏語を話す・書く練習になっていると思います。

結果、まだまだ困難に感じることはありますが、現地語を封印し、周りと仏語でコミュニケーションをとることの抵抗がなくなりました。夫(DELF C1所持)からの評価も上がった気がします。

今後の課題としては『仏語圏』であるがゆえ、本家フランスでは使わないような表現方法や発音のくせが自分の身についてしまったものも多々あり、地道に矯正し、さらに上のステップを目指したいと思います。

⑧役に立たなかった、自分には合わないと思った学習方法
・アプリで単語帳を作成してみたものの、継続しなかった。

⑨個人ブログやホームページの紹介
特に無し。

⑩何かアピールをどうぞ!
事務局の皆さま、講師の皆さま、いつもお世話になっております。とても楽しい企画で生徒さんの投稿記事を拝見するたびに自分のモチベーションも上がります。紹介するに足りない私の学習方法ですが、改めて文字にしてみるといかにアンサンブルに頼っているか!ということが分かりました。自分の学習方法を見直すいい機会にもなりました。

1つ希望があるのですが、「講師や生徒がお勧めするフランス文化」という形で仏音楽や映画、動画、ラジオ、サイト、書籍(学習レベル別だと嬉しい)等の一挙情報提供の場があるとそれもまた楽しいかなぁと思うのですがいかがでしょうか。今後ともよろしくお願いします。

ありがとうございました!現地での学習方法だけでなく、大変興味を惹くご提案をありがとうございます。今後の企画として検討させていただきますね。引き続き、レッスンをお楽しみいただけましたら幸いです。

 

RELATED POST関連記事

最新記事

  1. 表現 吹き出し
  2. 東京オリンピック 延期
  3. 新聞
  4. テレビ
  5. 印象派風
もっと見る

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る