「フランスの思い出」 エントリーNo.26 ちーやん さん

エントリー No.26  は ちーやん さん です!

 
 
1.HN ちーやん
 
2.写真
 
 
あ

 

こちらに来てから飼い始めました、フランスの猫、シャルトリューです。
名前はぐり(gris)。1歳のやんちゃなオスです。
 
 
3. フランスでの滞在場所 パリ
 
4.滞在期間  
2012.6.30~現在
 
5.思い出
パリに住み始めて早1年が経とうとしています。
それまでは日本から出たことさえなく、
ましてフランスに憧れや興味を抱いたこともなく…。
そんな私がひょんなことから、夫の海外赴任でフランス滞在。
大丈夫か?と最初は思いました。
 
ただの旅行で終わればいいですが、私はここで生活していかねばなりません。
おまけに、私にはまだ幼い息子もいます。
息子を守るため、見知らぬ土地で生きていくため、

 

必死で学び始めたフランス語。
もともと外国語が苦手な私には最初は苦痛でしたが、
言葉がどんどん分かるようになるにつれて興味も出てくるようになりました。
 
何より、外出するのが億劫でなくなりました。
息子にCoucou!と話しかけてくれるみなさん、
周りのフランス人でなくなぜか私に道を尋ねてくるみなさん、
それが最初私にはしんどいものでしたが、
きちんと返事をしたり聞き取ることはまだ難しいけれど、
今では平気になりました(開き直っているだけかもしれませんが、笑)。
 
買い物も苦にならなくなり、私とお店の人のやり取りを聞いていたのか、
息子も最近では「Au revoir!」と元気にあいさつしています。
この1年で初めて知ることも多かったし、家族で色んなところにも行きました。
 
でもまだまだ私の知らないフランスが、
これから過ごしていく日々から絶えず湧き出てくることでしょう。
それらをもっと見たい、もっと知りたいと思えるようになったことは、
私自身すごく嬉しく思います。
外国は、フランスは、パリは、とても素敵なところです。
この毎日がいつまで続くのか、それはまだ分かりませんが、
この場所で暮らしていけるのはとても贅沢なことだと実感しています。
これからも家族でフランス生活を楽しんでいきたいです。
 
 い
 
モンサンミッシェルはとても幻想的で素敵な場所でした。
 
 う (1)
 
パリ市内の公園はどこも広くて緑がたくさん!
夏のパリの一番好きなシーンです。今年も楽しみ。
 
6.普段レッスンを受けている講師 
Akemi先生
 
7.旅行に向けてレッスンで準備したこと 
主人のフランス赴任が決まってから渡航日までが1ヶ月しかなく、
その間はアンサンブルの存在を知らずだったので、地元のフランス語会話に通いました。
 
 
8. 一言どうぞ!
まだまだひよっこですが、こちらでお世話になりながら
フランス語マスター目指して頑張りますー!

こちらに来てから飼い始めました、フランスの猫、シャルトリューです。
名前はぐり(gris)。1歳のやんちゃなオスです。

 

素晴らしい実体験談ですね^^

皆様の体験談もお待ちしております☆
 

RELATED POST関連記事

最新記事

  1. フランス語 講師
もっと見る

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る