【理解し、されるということ】
6月8日、Jun先生によるSalon de théが開催されました!

Bonjour!

6月8日(木)には、
2017年第11回、Jun先生による

第71回Salon de thé
「フランスで学級委員を経験して
~日仏の学校生活・PTA・自己表現法の違い~」

が開催されました。

お互いに違いを認め合うことについて
話を深く掘り下げた、有意義な会となりました。

今回のSalon de théに関し、講師より感想が届いております。
本人の承諾を得ましたので、こちらに掲載させていただきます。

Jun先生

Salon de Théにご参加頂きありがとうございました。
参加者の皆様の貴重なご意見を聞くことができ、とても濃い時間を過ごさせていただきました。

今回は、「フランスで学級委員を経験して~日仏の学校生活・PTA・自己表現法の違い~」について意見交換を行いました。

フランスの学校での様々な経験が自己表現力や自己成長に繋がった話をした際に、共感していただいた事がとても印象に残りました。
またそれに関連してフランス語を学び、レベルを向上させる際に必要なスキルについて話し合いました、そこでフランス語の微妙な意味の違いなどを
母国語同様に理解する難しさについて意見交換を行いました。

最終的には、「ミスを恐れずに積極的にフランス人と会話を行う」事が最も重要であるという結論に行き着きました。

このような場でまた生徒様とお話しできればと思います。今後とも宜しくお願い致します。

Jun

ご参加いただきました皆さま、そしてJun先生、
ありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?
次回のSalon de théは、詳細が決まり次第お知らせします。

A bientôt !

 

執筆佐野

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題をチェック

  1. Bonjour ! アンサンブル講師のYukoです。 アンサンブル初の試み、グループレッスン第…
  2. Bonjour ! アンサンブル講師のYaskoです。 この秋からアンサンブルでは初の試み「グ…
  3. 2017年9月より新たにアンサンブルグループレッスンがスタートしました。 当校は基本的にはマンツー…
ページ上部へ戻る